どろあわわでにきびが出来ない背中環境作り

肌の露出が多くなる夏場は背中のにきびが大問題。何よりも見た目が良くないことはもちろんのこと、衛生的な問題もあります。さらに夏場はどうしても洋服の中が蒸れてしまうのでにきびが発生しやすい環境が必然的に作られてしまっているのがやっかいなところ。「汗をかくな!」と言われてもそれは無理な話‥後はどれだけ事前に背中にきびが発生しにくい「背中環境作り」が重要になってきます。
そこでカギになるのが夏場の背中でも清潔時間が保てるお風呂〜就寝時間の対策。もしも、お風呂に入らずに1日の汚れを持ち越すと、寝ているときにニキビが発生しやすくなります。寝る際に布団で横になったときにどうしても背中と布団が密着するのでアクネ菌が繁殖しやすい環境になるので、後は立って寝るしかありません。がこれは普通の人にはできないので丁寧な背中ケアが必要になります。そこでオススメしたいのが、どろあわわで背中にきびを予防することです。背中に限らずにきびは毛穴の汚れが詰まって通常なら悪さをしないアクネ菌が増えすぎるのが問題。どろあわわは細かい粒子を持つ沖縄のどろ「マリンシソルト」を使っているので毛穴の汚れをしっかり落とすことが可能です。洗い上がりはヒアルロン酸やコラーゲンが入っているので同時にしっかりと保湿することができます。
「背中には化粧水を塗るのが面倒くさい」という人もいますが、どろあわわならこれ1本で洗う⇒保湿が完了するのでとても便利です。今現在背中にきびが無い人もにきびが出来ない背中環境作りに取り組むと背中美人への道をまた一歩進むことができると思います。

注目コンテンツ

原因を追求

記事をみる

食生活を改善しよう

記事をみる

ホルモンバランスとの関係

記事をみる

Copyright(c) 背中にきびにならないために. All Rights Reserved.