せっかくの洋服が・・・

banner 背中にきびで困ることがあります。それは肌の露出の多い夏の季節です。夏の季節は海やプールで背中を露出する機会があります。そんなときに赤いポツポツの突起があるのって恥ずかしいですよね。ましてやそのポツポツが出血していたり、黒く固まっていたりしたらさらに恥ずかしいと思います。 また、夏は薄い洋服を着られると思いますが、背中にきびが出来ていることで電車やバス、車などの座席に座ったときにそのにきびが潰れて洋服に血がにじみ出るということも考えられます。 白い洋服で赤い血がにじむと非常に目立ちます。さらに血はなかなか取れないのでせっかくの洋服が台無しになってしまうことも考えられます。こういったことは目立たないだけで冬季でももちろんありえる話です。 背中にあるから気付かない背中にきびはこういった弊害をもたらすのです。 それでは背中にきびは出血するまで気付かないものなのでしょうか。いいえ、決してそんなことはありません。背中に違和感があるはずです。ポツポツとした突起は少し傷みもともないますのでそういった症状で気付くことができるのです。 早目に治療することでこういった弊害もなくキレイに治すことができます。にきび発生の原因やメカニズムを知っておくことで対処することができます。

注目コンテンツ

食生活を改善しよう

記事をみる

ホルモンバランスとの関係

記事をみる

治療法

記事をみる

Copyright(c) 背中にきびにならないために. All Rights Reserved.