ホルモンバランスとの関係

banner にきびの原因にはホルモンバランスも関係してきます。ホルモンバランスという言葉は聞き慣れない言葉かも知れません。人間には様々なホルモンがあり、このホルモンの分泌がバランスよく行われていることでそれぞれの機能を果たしてくれます。
このホルモンバランスですが、崩れることで肌荒れなどの原因になります。肌荒れがにきびの原因となりますのホルモンバランスは常に整える必要があります。
これらのホルモンバランスが崩れる原因には様々なものがあります。まずはストレスです。ストレスが溜まってくるとそれに適応しようとするホルモンが過剰に分泌されます。過剰なホルモン分泌はバランスを崩す原因になります。ストレスが溜まることでにきびが出来やすいというのはこういうことです。
他にもお酒の飲みすぎや食べすぎなどが原因でホルモンバランスを崩すこともあります。普段の生活習慣を見直してホルモンバランスが崩れないようにしなければなりません。
また、女性の場合は整理前後になるとホルモンバランスが崩れやすくなりにきびができやすくなると言われています。このようにホルモンバランスとにきびは深い関係があるのです。
サプリメントなどで多少の調整は可能ですが、やはり生活習慣を見直していく必要があります。

注目コンテンツ

原因を追求

記事をみる

食生活を改善しよう

記事をみる

ホルモンバランスとの関係

記事をみる

Copyright(c) 背中にきびにならないために. All Rights Reserved.