自分で治そう

banner 背中にきびを自分で治すことができれば一番ですよね。専用の薬なども市販されていますのでそういったものを使うことで簡単に治すことができます。にきび治療というのは毛穴の汚れを取り除くことと雑菌などで炎症を起こさないようにすることと、アクネ菌の繁殖を防ぐことの3つが重要ポイントになってきます。
これらのポイントを押さえて自分で治すためにはどうすれば良いのでしょうか。一番大切なのは初期段階で治してしまうということです。にきびはひどくなってくると炎症を起こします。中には出血するにきびもあります。そうなってくると自分で治すのは限界があります。そうなる前に自分でにきびを治さなくてはなりません。そしてこれ以上悪化しないように予防が必要になってきます。
まず、背中ににきびかなと思われるものが出来た場合には、それにあまり触れないようにして刺激を与えないようにします。そして衣服などは背中のにきびに直接触れるものに関しては化学繊維のものを避けて木綿や絹のものにしましょう。化学繊維は摩擦が多くその分にきびを傷つけてしまう可能性があります。
あとは食生活を改善し、十分な睡眠をとって代謝を良くし治癒力を高めるようにしましょう。

注目コンテンツ

原因を追求

記事をみる

食生活を改善しよう

記事をみる

ホルモンバランスとの関係

記事をみる

Copyright(c) 背中にきびにならないために. All Rights Reserved.