背中にきび対策

banner 背中にきびができないようにするために普段からの予防が必要になってきます。普段から対策を心がけておけばにきびは出来にくくなります。背中にきびの対策法をご紹介していきましょう。
まずは洋服です。直接体に触れるものに関しては化学繊維をできる限り避けるようにしましょう。化学繊維はどうしてもにきびを悪化させる原因にもなりますので天然の繊維である綿やシルクの製品を着用して下さい。
また半身浴やぬるめのお湯に長時間つかるのも効果的です。長い間入浴することで多量の発汗が伴います。発汗によって老廃物が排出されにきび予防につながります。またリフレッシュする効果もあります。
そして睡眠です。睡眠不足はお肌の敵とも言われるようにお肌をケアするために上質な睡眠をとるようにしましょう。だいたい22時から26時くらいまでの間がホルモンの分泌が活発だとされています。このホルモンは新しい肌を作り出すホルモンでターンオーバーには不可欠なものです。何とかこの時間は睡眠をとっておきたいものです。またトータルでは7時間ほどの睡眠が効果的だとされています。
他にも肌をケアすることを欠かさないようにしなければなりません。夏の日光が照りつける日には日焼け止めの使用をしたり、適度な保湿を与えてあげたりと予防に努めましょう。

注目コンテンツ

原因を追求

記事をみる

食生活を改善しよう

記事をみる

ホルモンバランスとの関係

記事をみる

Copyright(c) 背中にきびにならないために. All Rights Reserved.